ハウスクリーニングの今後を考える

ハウスクリーニングに人々が求めているのは何なのかを考えた時に、ハウスクリーニング会社を大阪で頼む際の今後の在り方が見えてくると思います。人々は何故、家を掃除するのか、家をきれいにするというのはどういうことなのか、その意味をメンタルな領域で考えることによって家を掃除するという行為自体の意味合いが変わってきます。

人が生きていくのに必要なものを言い表す言葉で「衣食住」というものがあります。この時点では「家」は生活をする「道具」です。ですが、昔の人は家を形成する部品に人格的な比喩を持った名前をつけていました。大黒柱や鬼瓦などです。つまり、昔は家というものは広域な意味で家族の一部だったというわけです。

新しい季節が来たら屋根の藁を取り替え、壁に穴があいたら新しい土を盛り付け、それは今で言うところの老人のお世話にも似た行為です。ですが、いまではそのような行為は一切しなくなり、仮に修繕が必要な場合も業者に任せる世の中です。つまり、今後人々が大阪でのハウスクリーニング業者に求めているものは老人介護の職を観察すれば分かるということかもしれません。